故人様の人生に想いを馳せ、ご家族のお気持ちを汲み取り、心温まる葬儀をお届けするのが私たちの仕事です。

メモリアルの役割

葬祭センターメモリアルのご提案プラン

和風祭壇で送る葬儀「京都和風プラン」

  • 「じゅらく」家族葬総額セット 800,000円(税抜)
  • 「しらかわ」家族葬総額セット 700,000円(税抜)
  • モダン和風祭壇総額セット 600,000円(税抜)

お花で送る葬儀 「洋花プラン」

  • 洋花総額セット 800,000円(税抜)
  • 洋花総額セット 700,000円(税抜)
  • 洋花総額セット 600,000円(税抜)

1日で執り行う葬儀「一日葬プラン」

1日葬プラン総額セット 350,000円(税抜)

亡き人を静かに送りたい
「火葬プラン」

火葬プラン総額セット 158,000円(税抜)

オリジナル生花祭壇 
「家族葬 安心プラン」

家族葬安心プラン 520,000円

オリジナル生花祭壇 
「樹木葬プラン」

樹木葬プラン 500,000円

 

会館・会場のご案内

  • 伏見メモリアルホール(京都市伏見区)
  • 宇治市斎場(京都府宇治市)
  • 西京極会館(京都市右京区)
  • 山科会場(京都市山科区)
  • 野洲川斎苑(滋賀県守山市)
  • 大津聖苑(滋賀県大津市)
  • 京都府北区の会館
  • 京都府右京区区の会館
  • ご自宅
  • 集会所



故人には常に誠意を

葬儀を執り行う方にはさまざまな考え方がありますので、葬儀に訪れる参列者もさまざまです。故人を慕い、心から見送ってあげたいという方もいれば、故人とは葬儀ですら関わりたくない方もいらっしゃいます。

ただ私たちは、どんな場合であっても故人には誠意をもって対応していただきたいと考えています。人は「生まれてきたこと」それ自体がすごいことなのです。亡くなった方は、生前どんなことをされていたとしても、亡くなった時点で罪は無くなり、罪を償うことはできなくなります。もしも故人に対してマイナス感情を持っている方がいるのなら、まず自分の原点に返って、「故人の人生があったからこそ今の自分がある」ということを見つめ直して欲しいのです。そして、故人に対して「ありがとう」と言っていただきたいと思っています。

故人の人生に想いを馳せて欲しい

近年では、直葬を希望されるお客様が増えてきています。故人の希望であればいいのですが、「面倒だから」「お金がかかるから」といった理由の方もいらっしゃるのが事実です。メモリアルでは、たとえ直葬であっても少しでも故人が寂しくないよう安置場所に灯りをつけ、安置場所に入るときは、まずは手を合わせて故人を偲んでいます。

メモリアルにも、「父が亡くなったので葬儀をしてほしいが、お金をかけたくないので何でもいいから簡単なものにしたい」という連絡がきたことがあります。しかし、まず故人の長い人生に想いを馳せてほしいのです。独立して交流がなくなった後ではなく、自分が小さいころにかわいがってもらった時のことを思い出して、「ありがとう」という感謝の気持ちを持って考えてみてください。

故人の想いや価値観は、子孫に受け継がれていきます。故人を想うその気持ちを、ぜひご自分の子供たちにも引き継いでいってください。メモリアルでは、葬儀を通じて遺族が故人に対して「ありがとう」と思う気持ちを高められる環境をつくっていきたいと考えています。

京都【家族葬専門葬儀社】街の小さな葬儀屋さんメモリアルのブログ

http://feedblog.ameba.jp/rss/ameblo/hasoracocomiyu1112/rss20.xml

 

事前相談について

葬祭センターメモリアルが大切にしていること

葬儀は金額で選ぶものではありません。「高いから豪華」「安ければお得」というものではなく、価格だけで葬儀を決めてしまうのは失敗のもとになります。悔いのないように故人をしっかりと送りたいとお考えなら、ご希望の料金のなかで、スタッフの対応や祭壇の内容、サービス面をしっかりと比較してから葬儀(葬儀社)決めていただきたいと思います。

いざというときになって慌てて金額だけを見て決めてしまうと、あたたかみに欠ける機械的な葬儀になってしまいます。故人様への想いを大切にした葬儀を執り行うためには、事前相談をしておくことが大切です。心あたたまる納得の葬儀をご希望の方は、ぜひメモリアルに事前相談にいらしてください。ご提示いただいた金額で故人様の想い・ご遺族様のお気持ちを最大限に表現した葬儀を執り行えるよう、専門相談員が誠心誠意の対応をさせていただきます。

 

家族葬について

家族葬とは、一般的に近親者のみで行う小規模な葬儀のことを言います。

「あまりお金はかけずに、こぢんまりとした葬儀にしたい」
「義理や付き合いに縛られる葬儀にはしたくない」
「親しい人間だけでゆっくりと故人を見送りたい」
「ゆっくりと故人を偲べる小規模な葬儀にしたい」
「入院費・医療費の出費が多かったため、お葬式にそれほどお金をかけられない」

近年の核家族化や社会的な経済事情からこのようなニーズが強くなり、「家族葬」という新しい葬儀のかたちが生まれました。最近では一般化し、多くのご遺族に選ばれています。

事前相談・資料請求・事前予約(マイ・ロード会員登録)メールでのお問い合わせ

葬祭センターメモリアルのオーダーメイド祭壇

このページの先頭へ